カントン包茎と仮性包茎の違い

カントン包茎について

男性は、生まれた時、性器は包茎の状態です。亀頭に皮が被り、小さく発達していない性器になります。しかし、男性の30%の人は、小学生の高学年から中学生、高校生で剥けていくようになります。

 

そして日本人の70%は、包茎と言われる性器が剥けていない状態と言われます。
包茎は、決して不便とは言えませんが、亀頭の回りに恥垢が溜まり不衛生で成長しません。

 

剥けていない状態だと、恥ずかしさ、自信が持てないなど精神的な悩みに発展します。また、仮性包茎の場合は、勃起時に剥けるケースが多いですが、カントン包茎になると、亀頭付近の欠点が生まれてきます。

 

カントン包茎は、無理に剥いていると、性器を締め付ける状態になり皮膚が腫れるようになります。そのままの状態でいると、見た目も悪く、膨れ上がった性器は人前では見せられません。

 

そんなカントン包茎は、治し方として皮を剥いて石鹸でよく洗う事が挙げられます。特徴が皮の締め付けになるので、石鹸で皮を伸ばし解す事が大事です。毎日、入浴時に続ける事で剥ける癖も付きやすくなります。

 

しかし、カントン包茎を本気で治すには、美容外科などで包皮を切除する方法が適切になります。包茎手術は、比較的簡単であり技術も進歩しているので受ける人も多いです。一生包茎でいるより、思い切った手術の方がスッキリした人生を送れそうです。

 

ちなみに包茎の治療なら1万人以上の手術経験のあるクリニックのほうが
安心して任せられるし腕もよいと思います
>>上野クリニック 料金